土地名義変更の相続時精算課税制度の条件

相続時精算課税制度の条件について

土地名義変更の相続時精算課税制度の条件

相続時精算課税制度とは最近出来た制度のようで、このような方法を取る人が増えてきていると言えます。

注目すべき制度だと思います。

最近出来たと申し上げましたが、平成15年の1月1日からですので、最近と取るかは皆さん次第ですが・・。

この相続時精算課税制度の条件に当てはまると、税金は払わなくても無償で贈与出来ると言うことになります。

この制度では、親から子供へ贈与される場合に適応されます。

条件は、65歳以上の親から、20歳以上の子供に対する贈与であること。

大きく年齢が関係してくるということです。

この年齢外であれば、この相続時精算課税制度は適応されません。

あくまでも、親が65歳以上、子供が20歳以上ときまっています。

もちろん、どちらかがこの年齢以上ではなくても良いと言うわけではありません。

例えば、親が63歳で、子供が30歳の場合。

子供は確かに条件の中での年齢ではありますが、親はあと2年足りません。

ですから、相続時精算課税制度は適応されないのです。

この制度での贈与を行いたいのであれば、それぞれの年になるまで待つべきと言えるでしょう。

「相続時精算課税制度」で土地の名義変更 Copyright (C) www.dfwradioarchives.com. All Rights Reserved.