土地名義変更の相続時精算課税制度とは

相続時精算課税について具体的に説明

土地名義変更の相続時精算課税制度とは

土地の名義変更には、相続時精算課税制度と言うものがあり、相続時精算課税制度とは、平成15年の1月1日に発表された制度であります。

贈与税との選択で、贈与時に贈与税を支払って、相続時に贈与財産と相続財産を足して、計算した相続税額から、すでにおさめた贈与税額を差し引くと言う支払い制度なのです。

この制度の特別控除額である2500万円を利用して贈与するということになります。

2500万円以内でしたら、それで済みますが、2500万円を超える場合もありますよね。

そういった場合は、超えた分の贈与税を払わなければいけません。

どの程度の税率かと申し上げますと、20パーセントの税率となります。

ですが、相続時の相続税から贈与税として支払った分は、免除されるでしょう。

また、相続時に相続税額が少ない場合や、相続税がかからないこともあると思います。

そう言った時には、贈与税を支払った分は戻ってくるのでご安心ください。

この制度を使うということは、遺産の前私になるということです。

ですから、これが原因で将来遺留分の侵害と言うことも考えられます。

このようなトラブルのことも考えながら、相続時精算課税制度に目を配ることをお勧め致します。

「相続時精算課税制度」で土地の名義変更 Copyright (C) www.dfwradioarchives.com. All Rights Reserved.