土地の名義変更の相続時精算課税制度の申告

土地の名義変更を行うための相続時精算課税制度の申告について具体的に

土地の名義変更の相続時精算課税制度の申告

相続時精算課税制度とは、いわゆる遺産の前渡しということになります。

確かに土地の名義変更を、相続時精算課税の特別控徐額2500万円をつかい、財産贈与を行うべきですので贈与税がかかりませんが、トラブルの原因となる恐れもありますので気をつけながら、行動すべきと言えるでしょう。

それらを全て細かく理解した上で、相続時精算課税制度を使ってください。

最後に申告について説明させていただきます。

この相続時精算課税制度を受ける子供が、最初に贈与を受けた次の年、2月1日から3月15日までの間に、税務署に届け出をする必要があります。

相続時精算課税選択届出書を申告時に提出することとなっています。

提出しなければいけない書類は下記のものです。

・贈与される者の戸籍謄本または戸籍抄本
・贈与される者の戸籍の附票の写し(贈与されるものが20歳以降の住所を証明できる書面)
・贈与する者の住民票の写し

これらの書類が必要となってきます。

一つでも欠けていてはもちろんいけません。

これら全ての書類を税務署に持って行き、相続時精算課税制度の申告が完了となります。

「相続時精算課税制度」で土地の名義変更 Copyright (C) www.dfwradioarchives.com. All Rights Reserved.