土地の名義変更に相続時精算課税制度

土地の名義変更に相続時精算課税制度を使えば免税?!

土地の名義変更に相続時精算課税制度

土地の名義変更は贈与の場合でも、税金がかかってしまうので無償ではなくなってしまします。

しかも、贈与による税金は相続税などに比べてはるかに多額になってしまいます。

数百万かかってしまうことも稀ではありませんので気をつけならければいけません。

土地の価値が高ければ高いほど、税金の額も上がってくるのです。

いわゆる、土地の価格と税金は平行していると言えると言うことです。

ただ、どのような贈与の場合も税金が必要なのかと言うことではありません。

特例もありますので、その特例ないだと免税出来る可能性があると言うわけです。

最近出来た、相続時精算課税制度はそのような制度です。

この制度内の条件に満たされれば土地の名義変更にかかる税金は払わなくてもよいということになります。

この相続時精算課税制度とはどのような制度なのでしょうか。

これは、親から子供に対する贈与の場合には贈与税がかからないと言うことなのです。

もちろん、どんな親子でも絶対というわけではありません。

この制度に当てはまらなければいけない条件がありますから、次にそれについて少しお話しします。

「相続時精算課税制度」で土地の名義変更 Copyright (C) www.dfwradioarchives.com. All Rights Reserved.